ショッピングセンター

ショッピングセンターとは小売業の集合体のこと。ひとつ、あるいは複数のテナントと多数の専門店テナントで構成される。商業集積の中でも、特に計画性、総合性、運営の統一性を持った業態のことで、略してSCと言う。日本ショッピングセンター協会は「一つの単位として計画、開発、所有、管理運営される商業・サービス施設の集合体で、駐車場を備えるものを言う。その立地、規模、構成に応じて、選択の多様性、利便性、快適性、娯楽性等を提供するなど、生活者のニーズに応えるコミュニティー施設として都市技能の一翼を担うものである」と定義し、さらに
1)小売店舗面積が1500㎡以上である事。
2)キーテナントを除くテナントの内、小売店舗が10店舗以上含まれている事。
3)キーテナントがある場合、その面積がSC面積の80%程度を超えないこと、但し、その他テナントのうち小売企業の店舗面積が1500㎡以上である場合は、この限りではない。
4)テナント会(商店会)があり、広告宣伝、共同催事などの共同活動を行っていること。
と条件を付けている。SCはキーテナントの業態などから、量販店型SC、百貨店型SC、複合型SC(キーテナントが複数)、スペシャリティーセンター(キーテナント無し)に分類され、ファッションビル、駅ビル、地下街、アウトレットモール等の内、駐車場を備えているものはSCに含まれる。また、規模によって、ネイバーフッド型、コミュニティー型、リージョナル型、スーパーリージョナル型に分類されることもある。SCをショッピングモールとも言う。

関連項目

小売業
テナント
SC
専門店

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

ファッションビジネスページへ戻る
TOP PAGEへ戻る