シュリンクレザー

シュリンクレザーとは、革の銀面を薬品で収縮させ、本来の模様を強調して独特のしぼを出した革で、銀面の収縮には合成鞣剤、または植物タンニン剤を用いる。これをシュリンク加工といい、容易に伸びることがないしぼが生まれる。鞄や袋物、靴などで用いられる。

シュリンクレザー.jpg

関連項目

皮革・毛皮
銀面

関連書籍


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

TOP PAGEへ戻る