シャリング

織物に行う加工。せん毛とも言う。
縮充、起毛工程で作った織物の表面の毛羽を一定の長さに切りそろえる目的で行う。
毛ふさやパイルを切り揃える時にも行われる。その結果外観は美しく整えられ、艶感、柄が鮮明になる。

関連項目 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

TOP PAGEへ戻る