シア

組織 平織 Edit

品質 綿ポリエステル Edit

シアとは英語で、透き通る、薄いという意味。ヨーロッパでは薄くて透けて見えるような織物はすべてシアといわれていた。
それでもガーゼのような比較的太いを使ったもので単に密度だけ粗いというようなものは透けて見えてもシアとはいわず、細いで割合い密度の込んでいて薄いものをいう。
細くて、密度が込んで、薄く透いて見える、ということになると、使いはフィラメントになり、組織も平織になる。生糸が多く使われていたが現在ではポリエステルフィラメントが主流で300、500、75Dぐらいの太さのに中くらいの強さの撚り(500の場合1,500T/mくらい)をかけたものを経糸緯糸に使って平織にしたものである。
密度はガーゼのように粗くはないが、一般的に綴密なフィラメント織物、たとえばタフタ羽二重と比べると粗い織物である。薄い織物なので普通の仕上げでは柔らかすぎるので、やや堅めに仕上げる。

シア.png

関連項目 Edit

織布
織物
平織
綿
ポリエステル
ガーゼ

経糸
緯糸
フィラメント
タフタ
羽二重

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る