サーモゾール染色法

サーモゾール染色法とは乾熱処理によってポリエステル繊維分散染料を染着させる染色法。
これにより連続染色が可能となった。あらかじめ織物の表面に分散染料と糊剤を配合したものを付着させ、90秒間に約200℃で乾熱処理すると短時間に染料繊維に染め付くという染色法。

関連項目

染色
ポリエステル
繊維
分散染料
連続染色
織物
染料

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る