サープリスネック

サープリスネックとは前明きが着物のような深い打ち合わせになっていて、衿明きの形がV字になったネックライン。カトリック僧や聖歌隊員などが儀式で着るサープリスという短い白衣に由来する。
1920年代に登場し、現在も打ち合わせ式のブラウスドレスなどによく用いられる。

関連項目

ネックライン
前明き
ブラウス
ドレス

あなたにおすすめ関連記事 Edit

参考文献 Edit

  • 著者:モード辞典編集委員会「モード辞典」2004.7.28発行 出版:モード出版局 総1014ページ

出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

ディテール名称ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る