サブリナパンツ

サブリナパンツとは全体に細身で脚にフィットした、七~八部丈のパンツを指す。
映画「麗しのサブリナ」(1954年)の主演女優、オードリーヘップバーンが着用したことで流行し、こう呼ばれるようになった。
同種のカプリパンツは50年代にリゾート地として注目されたイタリアのカプリ島で見られたもので、鮮やかで大胆な色柄が特徴。また、ふくらはぎの中間あたりの七分丈のものは、自転車のペダルを踏むという意味でペダルプッシャーとも言われる。

関連項目

カプリパンツ
ペダルプッシャー

あなたにおすすめ関連記事 Edit

参考文献 Edit

  • 著者:モード辞典編集委員会「モード辞典」2004.7.28発行 出版:モード出版局 総1014ページ

出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

アイテム名称ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る