サイロスパン

サイロスパンとは、IWS国際羊毛事務局(現ザ・ウールマーク・カンパニー)が開発、実用化した装置及び特殊糸のことである。精紡交撚糸と同義。
2本の粗糸を隣接させてドラフトを行ない、フロントローラーから出てきたものを、直ぐに撚り合わせることができる。ウール等の短繊維梳毛単糸はたて方向の糸切れが起きやすく製織出来ない為、通常は双糸にして使用するが、サイロスパンは精紡と撚糸を同時に行う技術で強度が改善されており、製織に十分な糸強度を保持している。
この技術は細番手の双糸をつくるのにも適している。サイロスパンは独特の光沢があり、薄く、柔らかく、しなやかであるため、ウールを使ったサイロスパンは初秋や春夏のクールウールといわれている。現在はウール以外の綿ポリエステルナイロン等、様々な繊維を用いたサイロスパンが開発されている。

サイロスパン.jpg

関連項目 Edit


IWS
精紡交撚糸
短繊維
梳毛
単糸
[[双糸]
撚糸
ウール
綿
ポリエステル
ナイロン

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る