ゴージライン

ゴージラインとは紳士服仕立ての衿で、上衿カラー)と下衿ラペル)が接ぎ合わさった部分の縫い目線の折り返りからラペルの衿先までのこと。この位置の高さや角度によって時代の流行が作られるため、デザイン上の重要な要素の一つと言える。ゴージとは、もともと「喉」の意。身頃の首を取り囲む部分、つまり衿ぐりを言ったが、立ち衿である軍服が背広の原型であることからこの名がある。

関連項目

ラペル
上衿
カラー
下衿
ゴージ
衿ぐり

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

ディテール名称ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る