コンジュゲートファイバー

コンジュゲートファイバーとは、二つ以上の異なった成分を、混じらないように貼り合わせた形に紡糸し、左右の熱収縮率の差を利用して、熱処理により捲縮性(繊維のちぢれ)を生じさせた合成繊維のことである。
組合せには、どちらかの成分を染色性の優れたものにして霜降り効果をだしたり、導電性のある物質などを組み合わせて静電気の帯電を防ぐ繊維もある。弾力性、保温性に富み、かさ高性がある。
日本では'65年に、東レ(株)がナイロン複合繊維を開発、市販したのが最初である。バイコンポーネントファイバー、略してバイコンともいう。

コンジュゲートファイバー.jpg

関連項目 Edit

繊維
合成繊維
複合繊維
染色
ナイロン
バイコン

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る