コアスパンヤーン

コアスパンヤーンとは、フィラメント長繊維)などを芯にして、回りに綿羊毛などのステープル短繊維)を巻き付けるように紡績したのことである。スパンデックスを芯にしたストレッチヤーンといい、ストレッチ織物ニットに使われる。ポリエステルフィラメントを芯にしたものはオパール加工用の織物や、ニットに使われる。「core spun yarn」を略してCSYと呼ばれる。

関連項目

繊維

フィラメント
長繊維
羊毛
ステープル
短繊維
紡績
ポリエステル
綿
スパンデックス
ストレッチヤーン
ストレッチ織物
ニット
オパール加工
織物
CSY

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る