グルカパンツ

グルカパンツとはインドの対英大反乱(1857年)に、旧英国領の用兵となったグルカ兵(ネパール人兵)が着用した丈が長いミリタリーパンツが由来で、正式にはブリティッシュアーミーグルカトラウザーという。 全体にゆったりとしたのパンツで、股上が深く、幅広のウエストバンドを付けているのが特徴。通常のパンツとは違いウエスト部分につけられたアジャスターでウエストを調節する仕様となっており、またフロント左右に二本ずつタックが入っており、これらにより見た目のインパクトがある。綿使いで色はカーキオリーブが多い。 同様の丈が短い半ズボンをグルカショーツ、ブリティッシュアーミーショーツ、コロニアルアーミーショーツ、ボビーショーツと言う。

グルカパンツ.jpeg

関連項目 Edit

パンツ
ウエストバンド
ウエスト
タック
綿
カーキ
オリーブ
グルカショーツ
コロニアルアーミーショーツ

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

アイテム名称ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る