グラフィティルック

グラフィティルックとは1950年代から1960年代初期にかけてのアメリカのヤング風俗にモチーフを求めたり、またはそのまま再現しようとした最近のヤングファッション。正確にはアメリカングラフィティルック。ジョージ・ルーカス監督の映画「アメリカングラフィティ」(1973)にでてくるような服装をいう訳で、この名もそれに因んでいる。
カリフォルニア風のファッションで、リーゼントやポニーテールの髪型、オープンカラーアクションプリーツを特徴としたボーリングシャツ?ギャザースカートなどのスタイル。ボーリングシャツ?は現在でもアメリカントラディショナルの定番アイテムとなっている。
60年代を象徴するアメリカの若者ファッションとして、根強く支持すする人も多く、60年代のアメリカンポップスをリメイクしてブレイクした日本のロックバンド「ザ・ヴィーナス」のステージ衣装はそのままアメリカングラフィティルック

関連項目 Edit

オープンカラー
アクションプリーツ
ボーリングシャツ?
ギャザースカート
アメリカントラディショナル
アイテム

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

TOP PAGEへ戻る