クラシックモデル

クラシックモデルとはナチュラルルックの別称もある。60年代前半に日本でもっとも一般化した背広の1種。
古典的なスーツモデルという意味合いはなく、古くから普遍的なスーツの形として受け継がれてきたオーソドックスなスーツスタイル。
一般にはレギュラータイプのスーツで、全年齢層に対応することができるようなシルエットをもち、極端に体にフィットさせたり、ウエストラインの上下、ダーツを取ったボックスシルエットのような目立った特徴をもたないもの。平凡なスーツ
クラッシックなスタイルは時代とともに変化するが、多くの人に認められた中庸で広い範囲に適応できる形を持つ。

関連項目

スーツ
シルエット
ウエストライン
ダーツ

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

その他用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る