キャリヤー染色

キャリヤー染色とは繊維を膨潤させて染色性を増進させる薬剤(キャリヤー)を染浴に加えて染色する、合成繊維を対象とした染色法。特にポリエステルを対象として使われる。
ポリエステルは通常130℃の高圧、高温で染色されるが、この方法では100℃で染色ができる。アセテートなどの耐熱性の低い繊維との混紡、交織の場合は、100℃程度までの温度でなければならないため、キャリヤー染色が必要となる。
染色後、適当な後処理により、残存キャリヤーと表面に染着した染料を除去する。浸染捺染ともに利用される。

関連項目

染色
繊維
合成繊維
ポリエステル


アセテート
交織
染料
浸染
捺染

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る