ガーメントレングス機

ガーメントレングス機とは「身頃や袖等の1着分のユニットを、ゴム編みや止め編、抜き糸を入れながら連続編成する編機」のこと。ガーメントは「衣服」、レングスは「長さ」の意。
丸編機、横編機、フルファッション機にこのタイプがあるが、一般には丸編機を指す。丸編のガーメントレングス機(丸編成型機、丸編セーターマシンとも言う)では、脇縫いの無い円形型の肌着用生地を編むほか、カットアンドリンキング用のアウターウェア生地も編まれる。

関連項目

ゴム編み
カットアンドリンキング

あなたにおすすめ関連記事 Edit

参考文献 Edit

  • 著者:モード辞典編集委員会「モード辞典」2004.7.28発行 出版:モード出版局 総1014ページ

出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る