カツラギ

組織 綾織 Edit

品質 綿 Edit

カツラギとは、経緯に10~20Sの太番手単糸を、1/3の綾組織に製織したもので、太綾織物の一種です。漢字で「葛城」と書く。一般的葛城は、経緯に10S~14Sの太いを使い、打ち込みは経密度を緯の約2倍とした1/3の左経綾に製縦したものが多く、綾目は45°以上の急角度であることが特徴です。地合いが厚くボリューム感があるため、衣料用のほかに、バッグベルト等に使われます。

カツラギ.jpg

関連項目 Edit


綾織
綿
単糸
バッグ
ベルト

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る