カットアンドソーイング

カットアンドソーイングとは「裁断して、縫製する」の意。
1)ニットアウターウェアの製造法の一つで、ニット生地を裁断・縫製して製品にすること。織物製のアパレルや、同じニットの同じ製造法でつくる肌着については言わない。その他ニットアウターウェアの製造法には、ファッショニングカットアンドリンキングがある。

2)主として綿や混綿のニット生地を裁断・縫製してつくった製品のTシャツタンクトップスウェットシャツシャツ等を指すこともあるが、この場合は「カットソー」と略して言うのが普通である。

関連項目

カットアンドリンキング
ファッショニング
Tシャツ
タンクトップ
スウェットシャツ
シャツ
カットソー

あなたにおすすめ関連記事 Edit

参考文献 Edit

  • 著者:モード辞典編集委員会「モード辞典」2004.7.28発行 出版:モード出版局 総1014ページ

出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る