カチオン可染ポリエステル

カチオン可染ポリエステルとはカチオン染料で鮮やかな色に染まるように改質したポリエステル繊維
ポリエステルの最大の欠点はアクリルナイロンに比べて染色性が悪く、鮮やかな色に染め上がらないことである。普通ポリエステル分散染料を使って染色するが、このポリエステルを改質することによって、アクリルなどを染めるカチオン染料で鮮やかな色に染まるようにしたものである。
しかし、これらは通常のポリエステルカチオン染料で染まりやすい別の成分を加えるため、ポリエステル本来の張り、腰のよさがやや後退するという難点がある。そのため、用途としては、多少張り、腰がなくても影響が比較的少なく、しかも鮮明染色の必要度の高い婦人物の分野に使われている。

カチオン可染ポリエステル.jpg

関連項目 Edit

繊維
カチオン染料
ポリエステル
アクリル
ナイロン
分散染料
染色

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る