オールドループ

オールドループとはニットを編む時、は編み針の作用でループがつくられる。このループの中を通って、つぎのループが引き出される。この場合、先につくられたループオールドループといい、つぎにその中を通してつくられるループをニューループという。

関連項目

ニット

ループ

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る