オフボディルック

オフボディルックとは体から離れてゆったりとしたシルエットを”オフボディ”という。ルーズフィットより新しい感覚の言葉で、特に女性のスモックルックなどに使われる。
メンズスーツでは、ゆったりした衣服という意味でのシルエットは、ジャケット芯地・付属を入れて仕立てられることから、「体から離れる」ほどゆったりしたシルエットを持つ、オフボディルックよりも、「体にゆるやかに沿った」シルエットのルーズフィットの表現が近い。
80年代後半から90年代初めにかけて流行した1サイズ大きめなビッグサイズのソフトスーツは、ジャケットの肩幅で標準的な寸法から+5cm前後、パンツツータック、中には3タックというものもあり、タック量も多めで、波打つほどのドレープ感も当たり前なビッグシルエット

関連項目

シルエット
スーツ
ジャケット
芯地
ソフトスーツ
パンツ
ツータック
タック
ドレープ
ビッグシルエット

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

その他用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る