オストワルトの表色系

オストワルトの表色系とはノーベル賞を受賞したドイツの化学者オストワルトが考案した考えで、あらゆる色を純色と白、黒の混合で表せるとしたもの。これらの混合比を考える際、含有量を白W、黒BL、純色Fとしたとき、和が100になるようにする。

関連項目

純色

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

色名・柄・模様ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る