エンボス加工

エンボス加工とは二次的な生地仕上げ加工。
布表面に凹凸の模様を表す工程で、凸型に彫刻したローラーを過熱して、これを凹型の模様を付けた紙または綿製のボウルの間に織物を通し、全面に凹凸模様を浮き彫りにする。型押しの際には加熱や樹脂加工によって型を固定する。
模様の凸部には光沢が生じ、凹部には光沢が出ない為、光沢差も効果になる。

関連項目

織物
樹脂加工

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る