エンブロイダリーレース

エンブロイダリーレースとは織物を基布として、機械によってまず穴をあけ、つぎにその穴の周辺を刺しゅう糸によってかがっていき、穴のあいた模様をつくったレースである。
他のレースと異なり、穴のあいた模様の部分以外のところは織物そのものであるため、張りと強さがあり衣服の生地として適している。そのため服地や装飾用としてはレースの中で最も広く使われている。
レースは穴の部分が多いので夏物に使われるため、基布の織物綿ローンなど薄い生地が多い。刺しゅう糸は光沢のあるレーヨンまたは綿のシルケット糸が多く使われる。

関連項目

レース
織物
綿
ローン
レーヨン

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る