ウルグアイラウンド

ウルグアイラウンドとはGATTの最終交渉となった1986年のラウンド(GATT加盟国による多角的貿易交渉の円卓会議)のことで、南米のウルグアイラウンドでは、
1)WTO(国際貿易機関)の設置
2)アンチダンピング、補助金、セーフガードなど産業保護の貿易措置に関する運用・手続きの明確化(繊維は緊急輸入制限措置を行える特定品目として承認)
3)知的財産権等に関する新しいルールの導入
などが決まった。

関連項目

GATT
WTO
繊維

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

ファッションビジネスページへ戻る
TOP PAGEへ戻る