ウインス染色

ウインス染色とは一定の長さの織物の反末どうしを縫い合わせてループ状にし、リール回転によって染液の中を繰り返し通過させながら染める染色法。ソフトな風合いに上がることから、織物ニットに利用されているが、ループしわ、染色むら、テンションによる伸び、すれ傷などが発生しやすいことから、液流染色に取って代わられつつある。

関連項目

染色
織物

ニット

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る