ウィンターコットン

ウィンターコットンとは冬用のコットンの事。綿は夏向きの素材とされているが、綿繊維の中心は中空になっていて、熱伝導率が低く、熱が放出されにくい特徴がある。そこで、生地をパイルにしたり、起毛したりして、繊維内に空気を含ませることによって、冬も温かいコットン素材が作られる。織物ではピーチ起毛素材、ニットでは裏毛や裏起毛素材が代表的である。

関連項目

繊維
天然繊維
コットン
綿
パイル
織物
ニット

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る