ウィップコード

組織 綾織 Edit

品質 ウール綿 Edit

ウィップコードとは、65度くらいの角度で太い綾目の表われた変化綾組織の厚手織物綾織織物の一種。綾織の中では最もはっきりした太い綾目のあるものとされている。綾目が太くのように盛り上がっており、その太いが乗馬の鞭綱(むちづな、whipcord)のようである、というところからこの名がある。
ウィップコードは比較的複雑な綾織織物で、綾目は右上がりである。使いは比較的太番手の紡毛あるいは梳毛を使うことが多い。この織物の組織は表面と裏面ではなはだしく異なって見えるのも一つの特徴である。織物のほかに綿ウール交織織物もあるが、用途は乗馬服、パンツ等のスポーティーな衣服オーバーコートに使用される。

ウィップコード.jpg

関連項目 Edit

織布
織物
ウール

綿

綾織
紡毛

紡毛
梳毛
交織
パンツ
衣服 オーバーコート

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る