インド藍染

インド藍染とは藍染の版木凸版捺染の事。木板、金属などに柄を刻んで、加圧して染める。また、その様な方法で染められた民族色豊かで、素朴なプリントの表現様式についても言う。特に中世ドイツのライン地方やチェコ、スロバキア、ブルガリアなどのブロックプリントが発想源になっている。

関連項目

染色
プリント
藍染

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る