インド更紗

組織 平織 Edit

品質 綿 Edit

インド更紗とはインド産の更紗の事。手描きもの(カラムカリー)と、木板(チーク材)や銅板による捺染もの(パランボア)とがある。モチーフとしてはペイズリーが代表的で、ほかに小花、草文などが見られ、が多く用いられる。インドは捺染発祥の地と推定され、古く中世からイスラム諸国などへ輸出されていた。日本に伝わった更紗として最も古く、古渡り更紗の多くはインド更紗である。17世紀半ばには、東インド会社を通じてヨーロッパ市場に流入して大流行し、ヨーロッパの染織に大きな影響を与えた。
更紗とはもともとは金巾(かなきん)に捺染したもので、織物よりも色柄の名称というべきもの。
布地全体を模様で麗うか、または模様の残り部分も地色で染めて、全体をすき間なく色で埋めたような染め柄。一般的に柄は花鳥、人物を図案化したもの、幾何学模様などがあり、色はくすんだ濃いものとされているが、最近は草花模様などの明るい色目のものが多くなっている。
更紗は世界各地で、それぞれの土地の特徴を生かした模様のものがつくられているが、ジャワ更紗インド更紗、シナ更紗などが有名。
更紗は一般的にはふとん側地に最も多く使われる。しかし婦人服地としても使われており、最近は生地の高級化によってポプリンサテンなどの更紗が多くなっている。

インド更紗.png

関連項目 Edit

織布
織物
平織
綿
更紗
ペイズリー
捺染
金巾
ジャワ更紗
ポプリン
サテン

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る