イングリッシュドレープ

イングリッシュドレープとは1930年代から1940年代の初めにかけて、メンズファッションの主流となった流行型である。最初、ロンドンに生まれたそれは肩幅が広く胸をできるだけゆとり(ドレープ)をもたせ、袖山を大きく作って袖付け部分にくぼみが出来るほど極端なボールドルックだった。
1920年代までのスリムなシルエットに代わるそれは新鮮な感動を与え、その後の背広型に大きな影響を残した。ドレープルック、またジャケットを”イングリッシュラウンジ”とも呼ぶ。
現在多くの縫製メーカーで、ブリティッシュスーツとして提案されているシルエットのほとんどが、このイングリッシュドレープを参考にしていると思われる。高めのウエストラインで絞ったシェイプドルック、厚めの肩パットからゆとり大めにドレープ感のあるバストラインを構築し、長めの裾にかけてフレアするドレッシーなスタイル。フロントカットは大きめにカッタウェーされたシルエットのもの。
正統的なテーラードの雰囲気漂う「背広」スタイルといえば、このイングリッシュドレープを基本としたブリティッシュスーツのベスト付き3つ揃いと考えている人が多い。

関連項目 Edit

ドレープ
シルエット
背広
ジャケット
イングリッシュドレープ
フレア
カッタウェー
ベスト

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

TOP PAGEへ戻る