アンゴラウサギ

アンゴラウサギとは毛足の長いウサギの一種のヘアの事で、アンゴラヤギモヘア)に似ていることからこの名がある。繊維が細く、中空で、表面もデリケートな為、空気を含んで嵩高性が有り、手触りはソフト。軽さはウールの3分の1、温かさは3倍と言われる。しかし、が抜け落ちやすい欠点もある。一般に羊毛と混紡(20~80%)して、ニット、手編毛糸、服地に用いられる。

関連項目

繊維
天然繊維
アンゴラヤギ

モヘア
ウール
羊毛
ニット

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る