アパレル生産企業

アパレル生産企業とはアパレルを生産している企業のことで、「アパレル製造企業」、「アパレル工場」等と表記されることもある。
アパレル生産企業は、大きく縫製企業(縫製工場)とニットウェア生産企業に分けることができ、それが更に服種別、得意分野別等に更に細分される。また、業態別には
1)SPA型生産企業
2)ブランド型生産企業
3)製造販売型生産企業
4)協力工場型生産企業
5)受託加工型生産企業
5タイプがある。日本のアパレル生産企業は、縫製産地、ニット産地を形成してきたが、1970年代から東京、大阪などの企業の地方移転、低工賃を目指しての発展途上国への工場進出、さらに80年代中期から中国製等の輸入品の増加などが顕著になって、90年代には産地の空洞化、生産企業の転廃業が目立つようになり、アパレルの国内生産や技術継承が憂慮されている。

関連項目

アパレル
ニット

あなたにおすすめ関連記事 Edit


ファッションビジネスページへ戻る
TOP PAGEへ戻る