アセテート

アセテートとは、酢酸繊維素(さくさんせんいそ)とセルロース繊維素からなる半合成繊維である。光沢があり、染色性がよいので用途は衣料用、とくに婦人用である。
リンター・パルプ、または木材パルプを主原料にし、これに酢酸を化学的に結合してつくられる。この場合、セルロースに結合した酢酸の割合を酢化度というが、酢化度45%以上のものをアセテート、59.5%以上をトリアセテートと規定している。
トリアセテートに対しアセテートのことを正式にはジアセテート、またはダイアセテートという。強度が弱いのが欠点とされている。たばこのフィルターとしても用いられている。商標には、三菱レイヨン(株)〈リンダ〉、帝人(株)〈テイジンアセテート〉がある。

関連項目

繊維
化学繊維
半合成繊維
染色
トリアセテート

あなたにおすすめ関連記事 Edit

関連書籍 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

繊維種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る