アイオライト

アイオライトとは、ギリシャ語でを意味し、鉱物の菫色のこと。 昔はウォーターサファイアと呼ばれたブルーサファイアい色で、宝石用には系と紫系が使用される。アイオライトは1810年にドイツの地質学者A.G.Wernerが命名した造語である。
コーディエライト、ダイクロアイトとも呼ばれる。スリランカやミャンマーで産出する。宝石質は少なく需要は少ない。

関連項目

アクセサリー

サファイア

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

アイテム名称ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る