のり付け

のり付けとは綿織物に行われる加工。
織物に硬さ、重厚感、腰、強さ等を付与する為に行われる。
その結果織物は特殊な風合いや本来の繊維に無い艶等を持たせる事が出来る。しかし、本来の持ち味は消す事になり、一時的な加工な為、洗濯によって効果を失う。

関連項目

綿
繊維

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

縫製・加工・プリントページへ戻る
TOP PAGEへ戻る