かま衿

かま衿とは背広コートの衿から肩にかけての形状をさす言葉で、衿を低く平らに寝かせたものをいう。衿もとがすっきりした感じになり、服の重みがあまり肩にかからない。フラットカラーともいう。対して衿が立った感じに見えるものを”ぼうえり棒衿”と呼んで区別している。
かま衿は一般的にジャケットコートの衿の形となるテーラードカラー棒衿タキシードカラーのことになる。タキシードの衿は、へちま衿ピークドラペルとなるが、この棒衿へちま衿ショールカラー)のこと。
棒衿は元来、和服仕立ての衿のこと。ネクタイを結んだような形の衿になる、タイカラーも直線的な裁断をされた衿という意味で、これに含まれる。

関連項目

カラー
背広
コート
フラットカラー
棒衿 ジャケット
コート
テーラードカラー
タキシードカラー
タキシード
へちま衿
ピークドラペル
ショールカラー
ネクタイ
タイカラー

あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

ディテール名称ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る