お召

組織 平織 Edit

品質 ウール Edit

お召(おめし)徳川11代将軍家斉(いえなり)公が好んでお召しになったことから「お召」といわれるようになった。
経糸緯糸とも精練先染めを使った実用向きの着尺織物で、明治から昭和にかけて広く使われていた。しかし近年の実用和服の衰退とともに量は少なくなった。
お召の特徴は緯糸お召よこという中投主(中くらいの強さの撚り)のを使うことである。これはメーター間1,400-1,500回の撚りをかけたで、これを糊で固めて右、左撚りを2本交互に平織に織り、織り上げた後、温湯でもんでしぼ立てをする。
縮緬ほど撚りが強くないため、しぼは少なく、腰のある織物である。近年になってよこウールを使ったウールお召が和装のおしゃれ着として一時流行した。柄もたて、格子、無地、さらに紋お召、(かすり)お百などもある。

お召.png

関連項目 Edit

織布
織物
平織

ウール
経糸
緯糸
精練
先染め

撚り
縮緬


あなたにおすすめ関連記事 Edit


出典: ファッション用語辞典『apparel-fashion wiki(アパレルファッション・ウィキ)』

生地種類・用語ページへ戻る
TOP PAGEへ戻る